ウェディングドレスの情報


ウェディングドレスの選び方

このサイトでは、結婚式やウェディングドレスに関するさまざまな情報をご紹介しています。
式の当日に着る衣装はレンタルと購入のどちらが賢い選択なのか、また花嫁に人気が高い衣装のブランドに関しても取り扱っています。
さらに20代や40代の花嫁、それぞれにおすすめの花嫁衣装についての情報も掲載しているサイトです。
挙式当日に持参する花嫁の持ち物と合わせてチェックしておき、ぜひ素敵なウェディングをおこなってください。

ドレスはレンタル?購入?

ドレスはレンタル?購入? 一生に一度の結婚式には、どのようにして衣装を用意すれば良いか迷う人も多いでしょう。
多くの場合、ウェディングドレスはレンタルかもしくは購入するかして用意されています。レンタルの場合には1回しか着る機会がない花嫁衣裳を用意する際に、費用を抑えることができるというメリットがあります。一方、購入した場合には他の人が着ていない新品を着ることができる点がメリットです。新品にこだわりたいという人や、一般的に借りることができないドレスを着たいというこだわりがある場合には購入が良いかも知れません。しかし現代では9割以上の花嫁がレンタルを利用しています。結婚式の当日に着たらその後は着ることがないのであれば、借りるのが賢い選択といえそうです。

ドレスは自分だけのものを購入しよう

ドレスは自分だけのものを購入しよう 日本では結婚式で着るドレスを、購入する女性は少ないですが、海外での結婚式は人生で最も大切なイベントであるため、自分のために作られた新しい衣装を着ることが一般的です。ウエディングドレスのレンタルが当たり前の日本で、そのことに不安や疑問を感じる女性は多く、レンタル式のものは背中の部分でサイズを調節する形になっていいます。
背中でサイズの調節ができても、前側の部分は基本的にどのサイズも同じで、背中は編み上げのゴムになっていることが多いです。なるべく多くの女性に適応できるような作りになっているので、本当に自分にぴったりというわけではありません。
やはり一生に一度の晴れ舞台では、自分用に仕立てた衣装でみんなに祝福されたいものです。また、購入すれば結婚式が終わった後でも取っておくことができ、新婚旅行でフォトウェディングをしたり、思い出としてミニチュアリメイクすることも可能です。
販売されているウエディングドレスは、デザインもサイズもその場にある既成のものと、既成のデザインの衣装を花嫁の体形に合わせて作るサイズオーダーなどがあります。そして、オートクチュールともいわれる、デザインから生地やサイズまで自分だけのオリジナル衣装を制作できるフルオーダーがあります。

結婚式を検討中の方、神式での挙式はいかがでしょうか?

結婚式を検討中の方、どのようなスタイル、式場で挙式をすべきかお悩みではないでしょうか?従来型の挙式スタイルから、小規模な式、家族婚などさまざまなタイプがあり、どれにすべきか迷ってしまうのも当然ですよね。特に西洋式の場合は多くのプランが存在し、なかなか決められるものではありません。
そこで少し趣を変え、神式の挙式(神前式)を検討してみることをおすすめします。
神前式は、日本の八百万の神々に誓いを立てるスタイルの式です。神主が結婚を伝える祝詞(のりと)を神様に伝え、杯を交わし玉串をささげる点が特徴です。
新婦は白無垢の着物で、新郎は紋付き袴で式を挙げるところも魅力的です。挙式といえば一般的には、専用の式場かホテル内の会場で行うことが一般的ですが、神前式の場合は実際の神社の社殿において挙げる点も、また独特です。
多くの場合は洋式で行うなか、他とは異なる神式の挙式を行えば、きっと思い出に残る結婚式になることでしょう。

結婚式で巫女が登場する式とはどのようなものか

結婚式と一言にいっても、大きく分けて3種類があります。
教会・仏前・神社結婚式となっており、このなかの神社で執り行うものだと巫女は祝いの舞を踊って祝福をなされます。
そこでここでは、神社式の結婚式について詳しく解説をしていきましょう。
1200年以上もの長い歴史があり、以前は大半の方が神前を選ばれていました。男性は紋付袴、女性は文金高島田というスタイルで、祝詞を唱えた神主と巫女が神様に結婚の許しを得る訳です。
昨今はウェディングドレスが人気となっていて神前式は減っていましたが、教会と両方で執り行っている方もいます。
東京であれば明治神宮、名古屋なら熱田神宮が人気スポットで、年間約50万組ものカップルが式を実施しているほどです。
必要となる費用は約50万円となっており、別途貸衣装や記念写真のコストも必要です。
日本だけでしか経験できないものなので、昨今ではインバウンド客もわざわざ体験されている方もいるのが特徴になります。

貴重な結婚式の撮影はプロに任せた方がメリットは豊富です

過去には結婚式を挙げる際には、披露宴を含めて親族や友人などに依頼をして写真撮影をすることが一般的でした。
現在では、時代が進化しており、誰でも綺麗に撮影できるデジタルカメラやスマートホンがあるので、この機種を用いて写真を撮ることも多いものですが、貴重な結婚式では先の将来を見据えた場合、一生涯の記念として写真を残したいと考える方も多く、このような方はプロに任せることにメリットがあります。
いくらデジタルカメラの性能が高まっているとは言え、構図や貴重な瞬間を逃さずに残せるプロとは仕上がりに違いが出てしまいます。
更にプロの会社ではグラフィックソフトを使ってレタッチ業務を行う他、アルバムを作成することをプランのセットとしていることも目立ち、大切な記念日をいつまでも残せます。
他にも各写真のデータはDVDに焼いた上で依頼者に渡す業務も行っている会社が多いので、長年にわたって大切なシーンをハイレベルな画質で残すには大きなメリットがあるのではないでしょうか。

結婚式を挙げるならホテルを利用してみよう

結婚式を挙げたいなら、ホテルを検討してみるとよいです。結婚式は様々なところで挙げることができますが、ホテルの場合には、宿泊施設が併設されているメリットも存在しています。
遠方から結婚式に出席される方の場合、改めて宿泊施設を確保しないといけません。
式を終えてから宿泊施設に移動するのはとても大変になるでしょう。結婚式を挙げてから移動することなく泊まることができれば、大きな負担を感じることはありません。
高齢者の方や体が不自由な方でも、安心して出席することができるでしょう。
また、利便性のほかにも様々なサービスがすぐれているメリットも存在しています。料理も、本格的で豪華な物になっているので新郎新婦だけではなく、出席してくれた人も満足することができます。
スタッフの教育も行き届いているので、サービスを利用して不満に思うことがないです。
細かな点まで配慮してもらえるので、利用してよかったと感じることができます。

結婚式の料理のメニューを選ぶ方法について

結婚式ではゲストへのおもてなしとして、料理を用意するのが一般的です。しかし、料理のランクや種類がたくさんあるため、何を基準にして選んだら良いのかわからないというケースはよくあります。
結婚式の料理のメニューとしては、フランス料理・折衷料理・イタリア料理・和食などが一般的です。中でも人気なのがフランス料理で、結婚式をする新郎新婦の約半分はフランス料理を選ぶことが多いとされています。
メニューを選ぶ方法の一つは、ほとんどのゲストは料理を楽しみにしているため普段あまり食べられない食材を使った料理を提供するという方法があります。
式場によってはコース設定されていてランク分けもされているため、事前にどんな料理が出てくるのかをチェックすることが大切です。
年配や子供のゲストが多いという場合には、折衷料理にするなどの工夫をすることも良い結婚式にするためには重要なポイントとなります。また、ゲストにはあらかじめアレルギーがないか、聞いておくように心がけます。

神戸の結婚式場情報

神戸 結婚式


Copyright 2018 ウェディングドレスの選び方 All Rights Reserved.